無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
社内制度・仕組みにどっぷりつかること
 僕はRSSに著名人や経営者、識者などのブログを 
100個位登録していていつもiphoneのアプリで 
bylineというものを使って読んでいる。 

このbylineは超お勧めです。 

さて、そのブログの中で、サイバーエージェントの100パーセント 
出資子会社の社長が書かれている 
ブログで共感できるものがあった。 
↓ 

http://ameblo.jp/hiroyuki/entry-10595843800.html 

以下引用 
↓ 
社内制度やルールに私はどっぷりと浸かることが重要だと感じています。 

斜に構えている人ほど結果が出ない。 

一ミリも斜に構えることなく、ルールの中で最善の努力をすることが大事でしょう。 

私は常に順位(ランキング)に拘りをもって事業を推進しています。 

なぜなら、制度を創った方々の思いや、細かい数字をいつも集計してくれている方々への配慮・敬意・感謝があるからです。 

もっとよい意味で競い合いましょう。 

ただ、どっぷり浸かり過ぎて、その市場そのものの成長よりも劣っていたり、戦っている競合よりも伸びていないと意味はない。 






これは全くその通りだと思う。 

当社でもJBCという社内ビジネスカレッジがあるけれども 
この制度、開始して1年弱。 
まだまだ改善ベースで、至らないところも多いわけだけれども 
この内容を考えることにどれだけのミーティングを 
重ねたことか。 

僕はいくつかのMBAビジネススクールなどにも 
体験で参加したことがあるが 
やっている内容はほとんど同じ。 

これを社内で出来てしまうのだから超お得。 

この制度にどっぷり素直に浸かっている人は 
伸びていくと思う。 

文句ばかり言って、その場の時間だけをやり過ごす人は 
伸び悩むだろう。 

今はまだ社会人数年かもしれないが 
これを何年も継続したらどうなるか。 

入社1,2年目は大学生までの貯金で 
なんとなくやっていける。 
でも、これが3年目以上になってくると、 
その貯金は社会人1,2年目のものになる。 
当然この時期にさぼったり、手を抜いたりしていると 
貯金はなくなるから自信がなくなる。 

僕は中途面接をしてつくづく感じるが 
本当の勝負は、家庭を持ち、子供を持ち、 
守るものが増えたときだと思う。 

5年後、10年後、自分一人でも食っていける力があるかどうか。 

それがないようなら、その他大勢の9割の人たちと 
同じように、「仕事に困る人」になるだろう。 

5年、10年先。 

ビジネスマンとして本当の真価が問われるときは 
未来にあるだろう。 
| 新橋 | 仕事 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。